枕で睡眠が変わる|肥満を解消するには生活習慣を見直そう【病気を予防できる】
ウーマン

肥満を解消するには生活習慣を見直そう【病気を予防できる】

枕で睡眠が変わる

横になる女性

睡眠に問題がある人が多い

満足できる睡眠をとることができない人が多くなっています。原因はさまざまで夜になってもパソコンやスマートフォンなどの強い光を浴び続けることで、脳が興奮して寝つきが悪くなったり深い睡眠がとれなくなることがあります。お酒も寝つきは良くなっても、何度も途中で目が覚めたり熟睡できなくなることがあります。寝具にも問題があります。マットレスが固すぎたり柔らかすぎたりすると満足のいく睡眠がとれなくなることがあります。そして枕にも原因があります。枕が変わると寝られなくなると昔からよく言われています。普段何気なく使っている枕でも合う合わないで睡眠に大きな差が出るのです。睡眠に不満がある人は自分に合った理想の枕を手に入れてみてはいかがでしょう。

頸椎のカーブに合わせる

起きたとき肩こりや首こりがある人は早く枕を変えることです。この部分に大きな負担がかかっているので、深い睡眠をとることができなくなっています。理想の枕に変えるだけで肩や首の負担がなくなり熟睡することができます。理想の枕とは寝ている姿勢に負担がかからない枕です。人それぞれ頸椎のカーブが違います。自分の頸椎のカーブに合わせた枕が理想の枕になります。顎が上がったり下がったりすると呼吸が妨げられたり、首への負担が大きくなります。立っているときと同じような姿勢で寝ることができるのが理想の枕です。素材選びも大事です。通気性が良く頭を置いたときに心地よいものを選びましょう。枕を専門的に扱っているお店で選ぶと理想の枕に出会えます。